山河


人は皆 山河に生まれ 抱かれ 挑み

人は皆 山河を信じ 和み 愛す

そこに 生命(いのち)をつなぎ 生命を刻む

そして 終(つ)いには 山河に還る

顧みて 恥じることない 足跡を山に 残したろうか

永遠の水面(みなも)の光 増す夢を 河に浮かべたろうか

愛する人の瞳に 愛する人の瞳に

俺の山河は 美しいかと

美しいかと

歳月は 心に積まれ 山と映り

歳月は 心に流れ 河を描く

そこに 積まれる時と 流れる時と

人は誰もが 山河を宿す

ふと想う 悔いひとつなく悦びの山を 築けたろうか

くしゃくしゃに嬉し泣きする かげりない河を抱けたろうか

愛する人の瞳に 愛する人の瞳に

俺の山河は美しいかと

顧みて 恥じることない 足跡を山に 残したろうか

永遠の水面の光 増す夢を 河に浮かべたろうか

愛する人の瞳に 愛する人の瞳に

俺の山河は 美しいかと

美しいかと

Advertisements
This entry was posted in 男兒本懷. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s